ホーム > 暮らし > 行ったり来たり波のように

行ったり来たり波のように

「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって差益を稼ぐ取引です。

取引の値は変動しています。

 

それがレートです。

 

ニュースサイトを見ていると、通貨の為替の情報が流れる場面があります。

 

よく見かけるのが、「今の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を意味するのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを言い表しています。

 

言い換えると、トレードには買いと売りの2個の価格が存在している事を表しています。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表現しているFX会社もあったりします。

 

平常時には売値の方が小さくなるものです。

 

現実に買値は高く、売値は安くなっています。

 

この差分をスプレッドといいFX会社の儲けのひとつといわれています。

 

スプレッド幅はFX会社によって変化します。

 

スプレッドの広さは利用者にとって手数料になるので小さいFX取引会社をセレクトしたほうが得です。

 

ただ、同じ会社でも状況に応じてスプレッドは広くなったり狭くなったりします。

 

仮に通常時は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドの差であるとしてもレートの上下が大きい場面では3銭、4銭になったりします。

 

という訳で、スプレッドの幅が狭いのと合わせて、固定しているということが大事です。

 

固定でスプレッドの広さを示す取引会社もいくつもあったりします。

 

現実にFX業者の取引画面内でレートを見て確認しなければ見分けられないのですが、必要不可欠な事です。

 

多額の投資資金を投入して売買をするのだからリアルなエントリーの前に心惹かれた取引会社の新規口座開設をどんどんしてスプレッドの差を知っておきましょう。

 

同じ通貨のペアでも、そのときのマーケットの状況によって通貨のスプレッド幅は変わることがあります。

 

たいがい、インターバンクで取引量の多くて、流動性の高いペアではスプレッドが狭くあとの通貨ペアではスプレッド幅が大きくなる事が多いです。

 


関連記事

  1. 引越しに関する作業は早めに!

    私は一人暮らしを始めてから今まで、何回か引越しを経験しました。 引っ越すときって...

  2. DNSプロテインの効果とは?

    DNSプロテインは日本を代表するプロテインの一つで   海外でも人気が...

  3. 行ったり来たり波のように

    「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって差益を稼...

  4. テスト

    テスト記事です。...